リノベーションで再建築不可物件を変身させる|費用等も確認しよう

人気の古都で物件購入する

鎌倉は不動産購入希望者の多い土地なので、気に入った物件があったら早めに申し込みたいところです。大まかな流れは、物件の情報を収集し物件見学を経て購入申し込みを行い、売買契約とローン契約を経て残金決済を行って物件の引き渡しとなります。

子育て世代に注目の地域

つみき

子育て支援のサポートが充実している長岡京市で、分譲住宅を選択することは沢山の利点があります。同世代の子育て世代が集まることで、新たな施設なども整う可能性もあります。不動産会社に問い合わせすることで、条件の合う物件を見つけることができます。

新しい住宅地に暮らす

間取り図

京田辺市には、新しい不動産が立ち並ぶ街が登場しています。利便性に優れる京田辺市の不動産は、こういった街の誕生でさらに人気が高まります。環境に配慮した街に相応しく、色々な機能が搭載されているのがこの地域の不動産です。地域住民との交流がしやすく、子育て中の世帯にとっても魅力的です。

安価に住宅を手に入れる

レディ

安いのには理由がある

安価に住宅を手に入れる方法のひとつに再建築不可物件があります。日本では建築基準法や都市計画によって建物を建てるための条件が厳しく制限されている地域があります。しかし、それらはこれから建てる家に対して適用されるものでありそれ以前の建物に対しては適用されません。このため多くの地域には現在の法律要件を満たしていない建物が多くあり、それらは一度取り壊すとその場所で再建築が出来ないものとなっており、それらを再建築不可物件と言います。再建築不可物件は、その性質上価値が低く見られるため売買価格は低くなっています。一方で価格が安価であり、また都会の利便性に優れた地域に存在するものも多く、中古住宅を求める人にとっては、再建築不可物件は魅力的な物件にもなっています。もちろん、そのまま利用するということもありますが、リノベーションを行い新築並みにして住む人も多くいます。再建築不可はあくまでも古い家を取り壊して新築したり、また増築を行うといったことが規制されているだけであり、躯体を残してすべての外装を新しいものにしても違法ではありません。このため、再建築不可物件を安く購入して、すべてを新しくするリノベーションに多くの費用を使うという使い方もできます。また以前は再建築不可物件には住宅ローンが使えないのが難点でしたが、近年はリノベーションに使える住宅ローンも増えたため、再建築不可物件でも場合によっては住宅ローンを組むことができ、そのため手に入れやすくなっています。